カヤックとは?カヤックは何人の乗り?どんな種類があるの?カヤックについての説明ページです。

 
   
 

カヤックに乗る前にカヤックについて知っておきましょう♪

 
 

カヤックメニュー
カヤックツアー詳細
クラブハウス情報

沖縄サウスワード カヤッククラブハウス
サウスワード
カヤッククラブハウス

〒904−0404沖縄県国頭郡
恩納村瀬良垣2501−4
TEL 098−966-2414

沖縄県カヤックガイド協会
沖縄県カヤックガイド協会
サウスワード

 

シット・オン・トップカヤックとは?

シット・オン・トップカヤックとは?

ツーリング使用艇
OCEAN KAYAK(オーシャンカヤック)社

MALIBU TWO(マリブツー)
タンデム艇(2人乗り)
スペック
・全長:370cm 幅:86cm
・材質:ポリエチレン
・重量:27・0kg


マリブツーは世界中で最も多く愛用されているシット・オン・トップカヤックです。
基本はタンデム用(二人乗り)なのですが、最大積載量200kgのハイボリュームなので、
前後に大人2名、中央に子供1名乗る事もできます
リーフカヤッキング・マングローブカヤッキング・カヤックフィッシング・ダイビングカヤック等に、
最高の威力を発揮する1艇です。
また、その安定性の良さから救命ボートとしても位置付けられています。

ポリエチレンとは?
リニアポリエチレンやクロスリンクポリエチレンで成型されたカヤック。
クロスリンクポリエチレン製カヤックは強度において優れていて、
リサイクル可能なリニアポリエチレン製カヤックが主流になっています。
FRP製カヤックに比べるとポリエチレン製カヤックは衝撃に対する強度が高いとされています。

座る場所
前後にあるシートスペース(大きなへこみ)に、
お尻を乗せ、左右の段々に足を掛けます。
三角座りの体勢で両足でしっかり踏ん張った方が、
カヤックが安定しやすく、スピードも出ます。
んびり楽しみたい方は、あぐら座りが楽ですよ。


※注意
カヤックの上に、
立ち上がらないようにしましょう。


 前後の漕ぎ手の役割が違います。
 グループ内でうまく振り分けて下さい。

 バウマン(前の漕ぎ手)
 :前方向の見通しが良いので、
 「漕ぐ」+「ナビゲーション役」です。
 障害物がないか、しっかり見渡して下さい。

 スターンマン(後ろの漕ぎ手)
 :半分以上の推進力を、後ろの漕ぎ手が生
 み出し、言わばエンジンの役割を行います。
 全体的な船の舵取り(方向転換)も行います。

2人・グループのチームワークが大事!!
バウマンとスターンマンの間隔があまりないので、2人のパドリングをしっかり合わせないと、
パドルがぶつかってうまく進みません。最初のうちは声を出してタイミングを合わせましょう。
また、グループ全体で協力すれば、見事ないかだ写真の完成です。
コンディションが良ければお子様同士の組み合わせも可能です。ご相談ください。


沖縄 サウスワード カヤッククラブハウス ページのトップへ
 
         
   
         
サウスワードカヤッククラブハウス